第2の永久歯?検討しよう!永久歯をなくしたら

インプラントが第2の永久歯といわれる理由

動物にとって、歯は命をつなぐものとして、なくてはならないものです。
歯を健康に維持し、修復することは、イコール命を長らえるということにつながります。
不幸にして、虫歯や歯周病あるいは事故などで抜けてしまった歯を元に戻す画期的な治療法がインプラントです。
インプラントとは「植え付ける」「植え込む」という意味です。
歯科でインプラントというと、顎の骨に直接埋め込んだ人工物に、歯や入れ歯の支えを作る治療をいいます。
インプラント治療により、抜けてしまった歯の外観とその機能を、ほかの健康な歯に負担の内容に回復させることができるようになりました。
インプラント技術は、世界各国で試行錯誤が繰り返され、さまざまな材料を使って、いろいろな形態のインプラントが開発されてきました。
現在では、チタン製の円柱状のインプラントが主流となっています。
その理由は、チタンが人間の骨と非常に相性がよく、骨と結合しやすいからです。
また、人がものを噛む時の圧力は、体重以上に達し、それだけ歯の土台部分の負担が大きいので、それに耐えられるだけの強度が必要だったからです。
その上、腐食しない安定した金属であり、無毒です。
チタンはインプラント治療には絶好の素材だったのです。
インプラントは、治療期間中やその後のメンテナンスをきちんと行えば、その効果は長期的なものとなります。
90%以上のインプラントが10年以上機能するという報告もあります。
10年で90%という成功率は、人工関節や人工臓器などのほかの人工器官に比べると格段に高い数字といえます。
失ってしまった歯が完全に元に戻るというわけではありませんが、その安全性や安定性、まわりの歯に負担をかけない、普通の歯と同じ感覚で機能するという点から「第2の永久歯」といわれるのも納得できます。
現在、インプラントが注目されてきているのは、その正しい知識と技術を持った歯科医師が増えてきたことがあげられます。

Copyright (C)2014第2の永久歯?検討しよう!永久歯をなくしたら.All rights reserved.